腰痛の治療について

氷川台接骨院では国家資格を持ったスタッフにより各種健康保険取り扱いの腰痛治療を行っています。
腰痛には深部の筋肉にまで働きかける手による施術と、無理のない腰の運動を取り入れた腰痛治療をしています。

腰痛は早めの処置が大切です

腰痛(ぎっくり腰)
腰痛を治療しないで無理を続ければ、どんどん悪化してしまったり慢性化してしまう可能性もあります。

一口に腰痛と言っても、さまざまで「安静時には痛まない」、「動いている時は痛まない」、「いつもズキズキ痛む」などがあります。

ぎっくり腰などはもちろん、日常生活で感じる腰痛は我慢せず、きちんと対策をしておかなければいけません。

当院にご来院いただく方に良くある症状として、

  • 朝起きた時に動こうとすると痛い。
  • 立ったり坐ったりがきつい。
  • 動かすと腰が痛い。
  • じっと座っていると痛くなる。
  • 立っていると腰が痛くなってくる。
  • 腰から臀部・足にかけて痛みやしびれがある

などがあります。

普段から腰痛のある方、重いものを持つ作業が多い方、長時間座っている方、特に座ったまま前傾姿勢でいることが多い方なども腰に負担がかかりやすく、ぎっくり腰を起こしやすくなりますので違和感を感じたら早めの対処と治療が必要です。

以前ヘルニアと言われたので、またヘルニアかもしれないという方も多くいらっしゃいますが、排尿障害などがある場合を除き、ほとんどの場合は保存療法で良くなりますのでご相談ください。

氷川台接骨院の腰痛の治療について

腰痛と呼ばれているものでも、腰と呼ばれている部分の痛みだけでなく、お尻から足の裏側に至るまで、しびれや張り等の症状が見られることがあります。
このような症状の場合にも主に、腰から臀部(お尻)へ手技による治療を施し改善します。

腰痛に限らず、ある程度の期間治療を行うとなると治療費用が高くかかってしまうのではないかと心配される方もいらっしゃいますが、原因のはっきりしている痛みであれば保険適応となりますので迷わずご来院ください。

腰痛には、内臓に病気があっての腰痛や骨などに問題があっての腰痛、精神的な要因の腰痛などもありますが、精神的なものを除き、殆どの腰痛は筋肉や筋膜に起因するものですので手による施術で筋肉にアプローチしていくことで改善していきます。

氷川台接骨院では、深部の筋肉にまで働きかけるには手による施術が最も良いと考えています。

腰痛が長引く場合は精神的な影響も多くあることが知られていますが、そういった場合でも無理のない範囲で腰の運動を施術に取り入れていくことで痛みが軽減していきます。

腰痛にお悩みの方は是非ご相談ください。

腰痛の原因と種類

常に腰部に鈍痛・疲労感・脱力感があるような慢性の腰痛を起こしやすい方は、一般的に腰痛運動不足だったり長時間同じ姿勢でいることが多く、精神的な要因も大きいと言われています。

良く知られる腰痛には次のようなものがあります。

急性腰痛(ぎっくり腰)

ぎっくり腰というのは急性腰痛の総称です。
いきなり立ち上がれなくなったり、全く身動きが取れなくなったりする場合などは、ぎっくり腰の典型ですが、
ぎっくり腰というのは急性の腰痛の事ですので、突然腰痛に襲われた場合は程度によらずぎっくり腰と呼ばれます。

もしも急性腰痛になったら最初にすべきなのは、とりあえず安静にすることで、動けそうならゆっくりと動かせる範囲で腰を動かしてみることです。

動くことで症状を悪化させてしまう場合は少し症状が治まってから通院するほうが良いでしょう。

脊椎分離すべり症

成長期の子供が激しい運動をしている場合に起こしやすいもので、高校生くらいまでのスポーツをしている子が強く腰痛を訴えたら疑ってみたほうが良いでしょう。

痛みが出たら無理な運動はやめるべきです。
腰の中心(背骨)が痛い、腰を反らすと痛いなどの症状がみられます。

変形性脊椎症

高齢者の腰痛は、整形外科で検査を受けると「変形によるものではないか」と説明を受ける事が多くあります。

年とともに変形が起きるのは皆同じですが誰もが腰痛になるわけでもなく、変形の度合いと腰痛の強さが比例するということでもありません。

高齢者の腰痛ではこのような説明を受けることが多いだけですので、あきらめる必要も、悲観的になる必要もありません。

脊椎管狭窄も変形によるものです。

腰椎椎間板ヘルニア

腰に負担のかかる仕事・スポーツをしている若い世代に多いもので、下肢(脚・足)にシビレや痛みがある場合に疑われます。

麻痺や排尿障害、失禁などが起こっていれば、手術の対象になる場合がありますが、ほとんどの場合は手術が必要と言われることはありません。

また、ヘルニアが確認されても腰痛をおこさない場合が多くあることがかなり以前から知られており、実際に腰痛が治っても、検査を受けたらヘルニアで状態は変わっていないと言われる方もよくいらっしゃいます。

麻痺や排尿障害、失禁などがあれば話は別ですが、腰痛があり、椎間板ヘルニアと診断された場合でも、ヘルニアによる腰痛かどうかははっきりせず慌てることはないという事です。

脊柱管狭窄症

しばらく歩くと痛くて歩けなくなるが、座るなどして腰を曲げて休むと歩けるようになるという症状が典型的な症状です。

立ち止まっただけでは痛みが治まらず、腰かけるか体を前にかがめるなどすると痛みがなくなるのが特徴です。

生まれつき脊柱管が狭い先天性の場合もありますが、加齢に伴う脊椎の変形や靭帯の肥厚などの変化が加わることが原因で脊柱管の狭窄が起こるとされています。

腰痛の治療について

腰痛と言っても、はっきりとした原因のわかる腰痛や、特徴のある症状のある腰痛の他に、内臓に病気があっての腰痛や骨などに問題があっての腰痛、精神的な要因の腰痛などもあります。

病気が原因の腰痛を除き、殆どの腰痛は筋肉や筋膜に起因するものです。

氷川台接骨院では、深部の筋肉にまで働きかけるには手による施術が最も良いと考えています。

手による施術で筋肉にアプローチしていくことでほとんどの腰痛は改善していきます。

腰痛が長引く場合は精神的な影響も多くあることが知られていますが、そういった場合でも無理のない範囲で腰の運動を施術に取り入れていくことで痛みが軽減していきます。

腰痛にお悩みの方は是非ご相談ください。

診療時間


[平日]
午前 9:00~13:00 
午後 15:00~20:00
[◎土曜日] 9:00~14:00
休診日
日曜、祝日、夏季・年末年始
  • 30分程度前に受付は終了となります。
  • 診療の予約は必要ありません、保険診療をご希望の方は忘れずに保険証をお持ちください。
  • 駐車場は1台のみございます。
駐車場の詳細は駐車場についてをご覧ください。
☎03-5945-2660
(営業のお電話はご遠慮いただきますようよろしくお願いいたします。)
氷川台近辺の整形外科や整骨院(氷川台整形外科様、氷川台整骨院様、その他の整体院)と間違えて「場所がわからない」というお電話を多くいただきます。
初めての方は場所をご確認のうえご来院ください。

東京都練馬区氷川台3丁目24-23 氷川台接骨院の地図